Jリーグヤマザキナビスコカップ 準決勝第2戦

画像




国立!!

国立!!

国立!! 

国立!!  


何年ぶりでしょうか

そのピッチに立つのは

(↑ってお前が言うな)



タイトルから遠ざかっていたジュビロには

チーム、そしてクラブを上向きにする絶好の機会


11月3日にトロフィーを手にした成らば

いや、手にする事だろう


試合は序盤からジュビロがショートパスを上手く使い

周りとの呼吸も良かった。

いきなりFKを得たもののジウシーニョの蹴ったボールは

フロンターレの壁に跳ね返される


ジュビロの最初のCKの時も

こんな時に得点出来る強さって無いんだよな~

何て思っていたら

健ちゃんのヘディングシュート どんぴしゃり

おめでとう!


一瞬のボールウオッチから

ジュニーニョに蹴りこまれたが

守備と攻撃の切り替えを良くして

交代で出場した山崎くんが決勝ゴール!



あとは前線でボールを保持し持ちこたえればとの

考えもありましたが


こちらも途中で交代出場の浄選手が

ライン際で粘ったジウソンのボールをセンタリングして

お互いに呼吸を読んでいましたね

翔くんのダイビングヘッドもドンピシャで

素晴らしかった



超える山は越えた感があって

優勝を獲れる気満々ですが(←お前がいうな)

残りあと1勝


国立競技場で優勝杯を抱えたサックスブルー戦士を

目にすることに

間違いない。



追伸:交代した両MFは良く顔をだして活躍していましたね
    西くんは攻守に顔を出して危機管理能力も素晴らしいですが
    個人的には前に絡んでいるケイくんにそろそろ得点の匂いが
    頑張れ圭祐。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 川崎:相変わらずの“勝負弱さ”/磐田戦から

    Excerpt: 日本代表で韓国遠征中の中村は、とりわけ落胆が大きいだろう。準々決勝で「中ゼロ日」の過密日程を戦った、その思いに応えるどころか、まともにファイティングポーズも取れない完敗。高畠監督は「サッカーの怖さを思.. Weblog: サッカーはエンターテインメントだ! racked: 2010-10-11 15:56